SSim(SECSシミュレータ)とは

本ソフトウェアはSECST/U(SEMI Equipment Communication Standards)及び、 HSMS/SS(高速SECSメッセージサービス シングルセッションモード)の仕様に基づき 通信シミュレーションをする為のソフトウェアです。


SSimの特徴

● WindowsGUIを使用した簡単操作
    エンターキー、マウスダブルクリック、ツールボタンでの簡単送信(ショートカットキー) 出来ます。
● 1台で複数の相手局をシミュレート SSim(SECST/U HSMS/SS 通信シミュレータ)
    接続相手先数分パソコンを用意する必要はありません。
● 送受信パラメータ設定による微調整
    通信規格上あいまいになっている部分の微調整が可能です。
● 簡易マクロによる自動シミュレーション
    自動応答、連続送信、受信データによる返信振り分け、トリガー定義等の機能により
    シミュレーションの自動化が行えます。
● メッセージ定義ファイル作成機能
    ・アイテムの変数化
      アイテムを変数で定義することにより送信タイミングでデータ入力が可能です。
    ・受信データからのメッセージ定義ファイル生成 
      受信データからメッセージ定義ファイルを自動生成できますので手作業を大幅に短縮できます。
      他のシミュレータで作成したデータもシミュレーター同士を通信で接続することで
      取り込むことが出来ますので、データ移行も簡単に行えます。
    ・作成中のメッセージの電文イメージを簡単表示
      電文イメージを確認しながら、送受信メッセージの定義が可能です。
● 通信ログの表示
    リアルタイムな通信データの表示や、過去の通信ログの参照も可能です。


ページトップへ
Copyright (C) Fnet All Rights Reserved.